ホーム > メンバー > キャサリン クラッデン

キャサリン クラッデン

Researcher ID

Profile
1989B.S.; University of Toronto, Canada (Organometallic Chemistry)
1990M.S.; University of Toronto, Canada (Organometallic Chemistry)
1994Ph.D.; NSERC scholar, University of Ottawa, Canada
(Organometallic Chemistry; Catalysis)
1995-1996NSERC Postdoctoral Fellow; University of Illinois at Urbana-Champaign, USA
1996-2000Assistant Professor; University of New Brunswick, Canada
2000-2002Assistant Professor (tenured); University of New Brunswick, Canada
2001-2002University Research Professor; University of New Brunswick, Canada
2002-2007Queen’s National Scholar and Associate Professor; Queen's University, Canada
2009-現在Full Professor; Queen's University, Canada
2013-現在名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所 客員教授、海外主任研究者
2015-2016Killam Research Professor
2017Canada Research Chair, Tier 1

キャサリン クラッデン (50) Queen’s University, Canada
ウェブサイト

Organometallic catalysis, organo-element catalysis, nanoporous materials

Cruddenグループでは、触媒を用いた有機合成および材料化学の研究を行っている。効率的かつ環境に負荷が少ない「グリーン」な方法として、ホウ素化学に焦点を当て、植物の成長を選択的に促進する分子の開発およびバイオ・イメージングプロジェクトに関わっている。Cruddenは、合成化学・触媒分野に加えて、世界の化学会におけるビジビリティが非常に高い存在の一人である。世界の化学会随一の規模を誇るPacifichem 2010のカナダ代表の組織委員、そして2015年の開催におけるカナダ代表、更には、カナダ化学会の代表を努める。Cruddenの持つビジョンと熱意は、ITbMにとって欠かせないものである。

研究ハイライト

主な受賞・栄誉

2017 R. U. Lemieux Award, Canadian Society for Chemistry
2015-2016Killam Research Fellow
2014Fellow, Chemical Institute of Canada
2012-2013President, Canadian Society of Chemistry
2014-2018Scientific Council Member, The Sainsbury Lab, UK
2011Clara Benson Award
2010Catalysis Society Lectureship Award
2010NSERC Accelerator Awardee

主な論文

« メンバーのトップへ戻る