ホーム > メンバー > Florence Tama

Florence Tama

Researcher ID

プロフィール
1996B.S.; Paul Sabatier University, France (Physical sciences)
1997M.S.; Paul Sabatier University, France (Chemistry of Biomolecules)
2000Dr. Sci.; Paul Sabatier University, France (Computational Biophysics)
2000-2005Post-doctoral researcher; The Scripps Research Institute, USA
2006-2012Assistant Professor; University of Arizona, USA
2013-現在理化学研究所 計算科学研究機構 (AICS) 計算構造生物学研究ユニット 研究ユニットリーダー
2015-現在名古屋大学大学院 理学研究科 教授
2016-現在名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所 教授

Florence Tama (42) 名古屋大学
ウェブサイト

計算生物物理学

タマ研究グループでは生体高分子集合体の構造と機能ついてコンピューターによる研究を行っている。 あらゆる生命活動は生体分子の機能により成り立っており、それらの問題は疾患につながる。 したがって生体分子の機能発現の過程を理解することは、薬剤の開発などに向けて重要である。 この目的に向かいタマ研究室では、1)生体高分子複合体の3次元構造やそれらの運動に関する情報を得るためのコンピューターアルゴリズムの開発と、2)実験グループとの共同研究による,重要な生体分子の機能発現のメカニズムの研究を行っている。

« メンバーのトップへ戻る