ホーム > メンバー > ジェフリー ボーディ

ジェフリー ボーディ

Researcher ID

プロフィール
1996B.S.; Trinity University, Texas, USA (Chemistry), B.A.; Trinity University, Texas, USA (Philosophy)
1998Candidacy for PhD; California Institute of Technology, Pasadena, USA
2001Dok. Nat. Sci.; ETH–Zürich, Switzerland (Synthetic Chemistry)
2001-2003日本学術振興会 特別研究員(東京工業大学)
2003-2007Assistant Professor; University of California, Santa Barbara, USA
2007-2009Associate Professor; University of Pennsylvania, USA
2009Full Professor; University of Pennsylvania, USA
2010-現在Full Professor; ETH–Zürich, Switzerland
2013-現在名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所 客員教授、海外主任研究者

ジェフリー ボーディ (43) スイス連邦工科大学チューリッヒ校、スイス
ウェブサイト

有機合成、カルベン触媒、タンパク質、バイオコンジュゲーション、オリゴマー化

Bodeは、才能あふれる合成化学分野のライジングスターである。Bodeの研究は、既存の合成手法では手に余る分子や分子接合体の化学合成を指向している。タンパク質、糖ペプチド、配列と長さが制御された高分子、そしてこれらを共有結合でつないだ接合体を合成するための化学反応および触媒を開発している。最近では、無保護のタンパク質残基を連結し、極めて効率的に合成タンパク質を生産するための新しい手法の開発に成功している。また、触媒的不斉合成の新しい領域、「キラル含窒素ヘテロ環カルベン触媒の化学」を拓いた先駆者の一人としても広く知られている。カルベン触媒は選択的に植物の成長を誘導する分子や種の壁を超え得る分子を生み出すために有用だろう。加えてITbMでは、大井と協力して、生体分子を生物個体内で活性化し変換するための小分子触媒の開発にも携わる。

研究ハイライト

ニュース

主な受賞・栄誉

2013 Fellow of the Royal Society of Chemistry, UK
2012ERC Starting Grant
2011Elias J. Corey Award (ACS)
2010平田ゴールドメダル
2008Arthur C. Cope Scholar Award (ACS)

主な論文

« メンバーのトップへ戻る