ホーム > メンバー > 山口 茂弘

山口 茂弘

Researcher ID

プロフィール


                
1991京都大学 工学部 合成化学科 卒業
1993京都大学大学院 工学研究科 合成化学専攻 博士前期課程 修了
1997京都大学大学院 工学研究科 合成化学専攻 博士後期課程 中退
1993日本学術振興会 特別研究員
1993-2002京都大学 化学研究所 助手
2001-2004科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業
さきがけ研究員
2003-2005名古屋大学大学院 理学研究科 助教授
2004-2007科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業
発展研究(SORST)研究代表者
2005-2012名古屋大学大学院 理学研究科 教授
2010-2016科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業CREST 研究代表者
2012-現在名古屋大学 物質科学国際研究センター 教授
2013-現在名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所 教授
2014-現在名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所 副拠点長
2017-現在名古屋大学 物質科学国際研究センター 
センター長

山口 茂弘 (48) 副拠点長、名古屋大学
ウェブサイト

蛍光分子、分子デザイン、物理有機化学

山口は、有機元素化学や物理有機化学の分野において、特異な光物性と電子物性をもつ機能性π電子系分子の創出に重点を置き研究を展開している。特筆すべきは、典型元素の特徴を活かした分子設計指針の提案と新規な合成手法の開発の両方からのアプローチにより多様な優れた機能性分子の創出を達成している点である。その代表例には有機ELディスプレイに実用化された化合物がある。ITbMでは、東山、Irle、伊丹、Cruddenらと協力し、主に革新的バイオイメージング分子の開発に取り組む。

研究ハイライト

主な受賞・栄誉

2016 第33回学術賞
2015Mukaiyama Award
2012JSPS Prize, Japan Society for the Promotion of Sciences
2009DIC Award from Synthetic Organic Chemistry, Japan
2008Nozoe Award for Young Scientists
2008NISTEP Nice Step Researcher
2007Tokyo Techno Forum 21 Gold Medal

主な論文

« メンバーのトップへ戻る