ホーム > ニュース > 木下俊則教授の研究がAsia Research News 2014 magazineに取り上げられました

ニュース

木下俊則教授の研究がAsia Research News 2014 magazineに取り上げられました

名古屋大学 WPI トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)の木下俊則教授とワン・イン助教(植物生理学グループ)の研究が、ResearchSEA発行のAsia Research News 2014 magazineに取り上げられました。

記事名: Plant "pore key" increases growth (5 ページ)

Prof. Kinoshita  Kinoshita_Office.jpeg   Assistant Prof. Wang  YinWang_PR.jpeg

リンク:

木下俊則教授: http://www.itbm.nagoya-u.ac.jp/ja/members/t-kinoshita/

2014-04-24

ニュースのトップへ戻る