ホーム > ニュース > ITbM副拠点長の山口茂弘教授の記事が、月刊「化学」5月号に掲載されました

ニュース

ITbM副拠点長の山口茂弘教授の記事が、月刊「化学」5月号に掲載されました

名古屋大学 WPI トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)副拠点長の山口茂弘教授と齊藤尚平助教(機能有機化学研究室)が執筆した解説記事が、化学同人出版の月刊「化学」5月号(2014年 Vol. 69)に掲載され、表紙を飾りました。

解説記事のタイトル:「π共役骨格を動かして機能を発現する」

山口茂弘教授 photo_yamaguchi2.jpg 齊藤尚平助教 photo_saito_s1.jpg

リンク:

山口茂弘教授: http://www.itbm.nagoya-u.ac.jp/ja/members/s-yamaguchi/

2014-04-23

ニュースのトップへ戻る