ホーム > ニュース > ITbM拠点長の伊丹健一郎教授が、南開大学で受賞講演を行いました

ニュース

ITbM拠点長の伊丹健一郎教授が、南開大学で受賞講演を行いました

名古屋大学 WPI トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)拠点長の伊丹健一郎教授が、2014年4月18日に南開大学でNankai University Lectureship on Organic Chemistryの受賞講演を行いました。

20140418_Itami.jpg
20140418_Itami2.jpg

伊丹教授の講演タイトル:"Catalyst-Enabling Chemistry toward Transformative Molecules"

リンク:

伊丹健一郎教授: http://www.itbm.nagoya-u.ac.jp/ja/members/k-itami/

2014-04-21

ニュースのトップへ戻る