ホーム > ニュース > ITbM拠点長 伊丹教授のニッケル触媒を用いたカップリング反応がNature誌で取り上げられました

ニュース

ITbM拠点長 伊丹教授のニッケル触媒を用いたカップリング反応がNature誌で取り上げられました

名古屋大学 WPI トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)拠点長の伊丹健一郎教授(有機化学研究室)のニッケル触媒を用いたカップリング反応がNature誌(2014年5月14日 オンライン)に取り上げられました。

Recent advances in homogeneous nickel catalysis (Review Article)

Sarah Z. Tasker, Eric A. Standley & Timothy F. Jamison* 
Nature 2014, 509, 299-309.
DOI: 10.1038/nature13274

2014AngewNovartis_itami.jpg

伊丹健一郎教授: http://www.itbm.nagoya-u.ac.jp/ja/members/k-itami/

2014-05-20

ニュースのトップへ戻る