ホーム > ニュース > ITbM拠点長 伊丹健一郎教授がアメリカ化学会賞を受賞しました

ニュース

ITbM拠点長 伊丹健一郎教授がアメリカ化学会賞を受賞しました

名古屋大学 WPI トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)拠点長の伊丹健一郎教授(有機化学研究室)が、2015年のアメリカ化学会賞(Arthur C. Cope Scholar Award)を受賞することになりました。同賞は有機化学分野において卓越した業績を挙げた研究者に贈られることになっています。伊丹教授は、材料科学、創薬科学、最先端生物学の分野に大きなインパクトを及ぼす独自の強力かつユニークな触媒の開発が評価され、日本人最年少で本賞を受賞しました。過去の受賞者にはノーベル賞受賞者も含まれ、本学からは野依良治特別教授が1996年に受賞されています。2015年のアメリカ化学会において授賞式と受賞記念シンポジウムが行われる予定になっています。

過去の日本人受賞者(敬称略:括弧内は受賞当時の所属):

正宗悟(MIT, 1987)、岸義人(ハーバード大, 1988)、福山透(ライス大, 1993)、尾島巌(ニューヨーク州立大, 1994)、野依良治(名古屋大, 1996)、柴崎正勝(東京大, 2002)、小林修(東京大, 2006)、山本嘉則(東北大, 2007)、林民生(京都大, 2008)、中村栄一(東京大, 2010)、丸岡啓二(京都大, 2011)、藤田誠(東京大, 2013)

2014AngewNovartis_itami.jpg

伊丹健一郎教授: http://www.itbm.nagoya-u.ac.jp/ja/members/k-itami/

リンク:

2014-08-12

ニュースのトップへ戻る