ホーム > ニュース > ITbM副拠点長の山口茂弘教授が、Mukaiyama Award Year 2015 を受賞することが決定しました

ニュース

ITbM副拠点長の山口茂弘教授が、Mukaiyama Award Year 2015 を受賞することが決定しました

名古屋大学 WPI トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)副拠点長の山口茂弘教授(機能有機化学研究室)が、Mukaiyama Award Year 2015 を受賞することが決定しました。

本賞は、有機合成化学の分野で輝かしい業績を上げ、文化勲章を受章された向山光昭先生が 2004 年に喜寿を迎えられたことならびに米国国立科学アカデミー外国人会員に選出されたことを記念して公益社団法人 有機合成化学協会が設立したもので、有機合成化学の新しい方法の開拓で顕著な業績を上げた若手研究者を国際的視野に立って表彰するための賞です。

山口茂弘教授 photo_yamaguchi2.jpg

リンク:

山口茂弘教授: http://www.itbm.nagoya-u.ac.jp/ja/members/s-yamaguchi/

2014-10-02

ニュースのトップへ戻る