ホーム > ニュース > 東山哲也教授が科学技術への顕著な貢献 2014 (ナイスステップな研究者)に選ばれました

ニュース

東山哲也教授が科学技術への顕著な貢献 2014 (ナイスステップな研究者)に選ばれました

名古屋大学 WPI トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)の東山哲也教授(生殖分子情報学研究室)が、科学技術の振興・普及において顕著な貢献をした注目すべき10 名の「ナイスステップな研究者」として選定されました。 本選定は、科学技術・学術政策研究所が平成17年より、科学技術の様々な分野において活躍され、日本に元気を与えている研究者に対して与えられます。東山教授は、「卵細胞が観察しやすい植物を用いることで、長いあいだ成し遂げられなかった、被子植物の受精メカニズムの解明に成功」という研究題目で選定されました。

t-higashiyama.jpg

東山哲也教授: http://www.itbm.nagoya-u.ac.jp/ja/members/t-higashiyama/

リンク:

関連リンク:

2014-12-22

ニュースのトップへ戻る