ホーム > ニュース > 鳥居啓子教授が2015年米国植物生理学会フェローアワードを受賞しました

ニュース

鳥居啓子教授が2015年米国植物生理学会フェローアワードを受賞しました

名古屋大学 WPI トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)の鳥居啓子教授(Howard Hughes Medical Institute、ワシントン大学教授 鳥居研究室)が、 2015年米国植物生理学会フェローアワード(2015 Fellow of ASPB Award)を受賞することが決定いたしました。同賞は2007年に発足し、植物分野の研究において特に顕著な貢献をした研究者に対し、賞状およびラペルピンが贈呈されます。

keiko.jpg

鳥居啓子教授: http://www.itbm.nagoya-u.ac.jp/ja/members/k-torii/

リンク:

2015-04-09

ニュースのトップへ戻る