ホーム > ニュース > ITbM拠点長の伊丹 健一郎 教授がGuthikonda Lectureshipを受賞しました

ニュース

ITbM拠点長の伊丹 健一郎 教授がGuthikonda Lectureshipを受賞しました

名古屋大学 WPI トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)拠点長の伊丹 健一郎教授がGuthikonda Lectureshipを受賞しました。

Guthikonda Lecture Seriesは、2010年にGuthikonda一家よりスタンフォード大学に設立された、年に一回行われる有機化学の講演です。これまでにGuthikonda Lectureshipを受賞した先生方は次のとおりです:Professors Steve Buchwald (2017), K. C. Nicolaou (2016), Laura Kiessling (2015), Ken Houk (2014), Stuart Schreiber (2013)

Guthikonda Lectureは、2018年4月25日(午後4:30 - 5:30)にスタンフォード大学のSapp Center Lecture Hallで行われる予定です。

リンク:

Itami.png

伊丹 健一郎 教授

2017-07-19

ニュースのトップへ戻る