ホーム > ニュース > ITbMの鳥居啓子教授らが開発した研究成果をもとに合成オーキシンcvxIAAが販売開始されました

ニュース

ITbMの鳥居啓子教授らが開発した研究成果をもとに合成オーキシンcvxIAAが販売開始されました

ITbMの鳥居教授らの研究グループによって開発された研究成果をもとに、合成オーキシンcvxIAAが東京化成工業株式会社より販売が開始されました。 cvxIAAは, bump-and-hole法 (凸凹法)という分子設計技術を用いて設計した, 改変TIR1受容体タンパク質(凹受容体, ccvTIR1)に特異的に結合する合成オーキシンです。

jp2

jp1

リンク:

2019-01-23

ニュースのトップへ戻る