ホーム > 寄附

寄附

寄附のお願い

 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM) は、2012 年に文部科学省・ 世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI) に採択され、2013 年4 月に発足した国際研究 拠点です。ITbM は、名古屋大学の強みである世界最先端の分子合成化学と動植物科学 の連携により、新たな学問領域を切り拓くとともに、現代社会が直面する環境問題・食糧問 題の解決や医療技術の発展に貢献し、我々の生活を大きく変える生命機能分子(トランス フォーマティブ生命分子) を生み出すことを目標とし、これまでに多くの成果を生み出してき ました。

 例えば、アフリカの農業に甚大な被害を与えている寄生植物「ストライガ」の寄生メカニズ ムを解明するツール「ヨシムラクトン」の開発を基にしたストライガ撲滅プロジェクトを推進する とともに、動植物の体内時計を調整する分子の発見、超解像蛍光イメージングに最適な超 耐光性蛍光色素「C-Naphox」の開発などに成功し、国内外から高い評価を得ております。

 今後も我々は、未踏の領域を基礎研究の立場から開拓し、社会の様々な問題解決に貢献 するべく全力で取り組んでまいりますが、そのためにはどうしても継続的な資金の確保が必要 です。しかし、現在、政府から得られる財源のほとんどが時限付きの財源であり、ITbM の 研究を支えるWPI プログラムの予算補助も2021 年度で終了する予定となっています。ITbM が世界トップレベルの国際研究拠点として活動を継続し、さらに拡大・発展させるためには、 優秀な研究者の長期的な雇用や萌芽的研究への支援、知的財産の確保・維持などに必要 な資金環境の整備が、必要不可欠となっています。

 そのため、ITbM の研究活動を広く皆様にご支援いただきたく、「トランスフォーマティブ生 命分子研究所支援事業」を設立しました。皆様方におかれましては、この趣旨にご理解・ ご賛同いただき、本支援事業へ格別のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・所長 伊丹 健一郎

20190912_ITbM_Donation_1.png20190912_ITbM_Donation_2.png20190912_ITbM_Donation_3.png

リンク: