ホーム > ITbMについて > 研究分野

研究分野

次世代システム生命科学のための分子活性化化学

新しい学際的な研究領域を拓くに当たり、名古屋大学は国際的にも極めて高いアドバンテージを持っていると言える。ITbMの研究は、合成化学、分子触媒化学、機能分子化学、システム生命科学、植物科学、タンパク質科学、ライブセルイメージングなど、名古屋大学が高い優位性をもつ分野に立脚している。

分子活性化化学:安定な分子を活性化し、狙った構造への直接変換を可能にする化学。これにより、発見した生物活性分子(リード化合物)から、より選択的で高活性な誘導体を迅速に合成し、問題解決に一気に辿り着ける。

システム生命科学:生命体がシステムとして活動する中核的な仕組みを解明する生物学。個体レベルの機能を駆動する鍵分子の発見が基盤となる。

この研究プロジェクトはケミカルバイオロジー、創薬・農芸化学、バイオイメージングといった、化学と生物の融合領域に強く関連している。

化学と生物学の融合領域では、ケミカルバイオロジーや創薬など、大きなインパクトをもつ新分野が創出されてきた。我々は、より基盤的・本質的な動植物の生命システムの研究に対し、近年興隆してきた分子活性化化学を活用することで、化学・生物学の研究に新機軸を拓く。これにより、ケミカルバイオロジーや創薬などの既存の分野を含め、環境、食糧、医療、バイオ燃料など眼前の重要課題が山積する幅広い分野に対して、大きな波及効果を与えることは必定である。

近年、遺伝子組み換え生物の人々への健康、生物の多様性および環境への影響が、倫理面および安全面で指摘されている。遺伝子操作に変わるものとして、特定の生物学的機構を制御することができる合成化合物および生体分子へ期待が高まってきた。このような分子の必要性は、地球規模の問題の解決に貢献する可能性を持っていることから、特に植物科学の分野で増加している。ITbMは、最先端の化学によって動植物科学やそれらを支える技術のために必要な分子を設計およびデザインをする最初の分子科学センターである。