ホーム > ITbMについて > メッセージ

メッセージ

拠点長からのメッセージ


名古屋大学
トランスフォーマティブ生命分子研究所 (ITbM) 
拠点長
伊丹 健一郎

分子はとても小さいが、我々の生活や生命活動になくてはならない存在である。私は、分子には科学・技術のあり方を変え、ひいては社会をも変容させる力があると強く信じている。ITbMの目標は、化学と生物学のインターフェースにおける重要課題の解決の鍵となる「トランスフォーマティブ生命分子」を開発することである。アイデンティティーは「精緻にデザインされた機能をもつ全く新しい生命機能分子」を生み出せることにある。分子にどのような機能が備わっているべきかがわかる生物学者と、所望の機能を分子に埋め込む術をもっている化学者が協働することで、大きな発展がもたらされるだろう。このユニークなアプローチは、世界中の優秀な科学者を本センターに呼び込み、さらには分野に囚われない次世代研究者を育むことにもつながる。

分子をつなげ、価値を生み、世界を変える。これが我々の思いである。