ホーム > ITbMについて

ITbMについて

トランスフォーマティブ生命分子研究所 (ITbM)

ITbMの核となるのは、合成化学、触媒化学、システム生命科学、動植物科学である。名古屋大学の強みでもあるこれらの分野の調和によって、大きな社会的波及効果をもたらしうる最先端科学を創成することを目指し、新しい学際的分子研究拠点「トランスフォーマティブ生命分子研究所」を設立した。生命システムを「発見・可視化・制御」するための分子をデザインおよび創出する世界的な分子研究拠点をここに作りたい。これに向けた我々のユニークなアプローチは、基盤的かつ重要な生物学上の問題の解決や次世代システム生命科学を開拓するために、独自の「分子活性化・変換触媒」を、分子設計学と理論化学のサポートを得ながら、適用することである。これは先例のない試みであり、ITbMはこれに取り組む世界唯一の研究拠点である。

ITbMでは、生物学上の重要課題を解決する鍵分子として、(1) 動植物の生産性や生体機能を精密に制御する分子、および (2) 画期的なバイオイメージングを実現する分子を開発する。また、これらの実現に不可欠な (3) 革新的な分子活性化触媒の開発を行う。

我々のゴールは、生命科学・技術を根底から変える革新的機能分子「トランスフォーマティブ生命分子」を生み出すことである。
我々のユニークなアプローチは、世界屈指の合成化学(分子活性化化学)と分子設計学によって、植物・動物の次世代システム生命科学を拓く鍵分子を合成することである。
我々のアイデンティティーは、「精緻にデザインされた機能を持つ全く新しいシンセティック生命分子」を生み出せることにある。
期待される成果は、化学と生物学の境界領域で、現代の重要課題を解決するシンセティック生命分子が数多く生み出されることである。これにより、食糧・バイオマス問題、イメージング技術、新しいバイオエネルギー等へのイノベーションが期待される。