ホーム > 寄附

寄附

itami-san2.jpg

名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 (ITbM) は、2012年に文部科学省・世界トップレベル研究拠点プログラム (WPI) に採択された国際研究拠点です。

これまで ITbM では、目的の機能を分子に埋め込む術をもっている化学者、分子にどのような機能が備わっているかがわかる生物学者、そして計算と分析を行う理論科学者たちが、分野の壁を越えて融合し、数多くの成果を生み出してきました。

過去に分子の研究が世界を大きく発展させてきたように、今後もわたしたちが直面する課題を解決していくためには、 異分野を融合し、世界を変えていく研究者を増やしていく必要があります。

そのために、ITbM では2017年に基金を設立し、様々な方にご支援をお願いしております。いただいたご寄付は、社会に貢献する志をもった研究者のために大切に使わせていただきます。

どうか、皆様のご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。


名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 (ITbM)
拠点長 伊丹 健一郎

ご寄附の方法:

インターネット経由、もしくは振込用紙などを使い金融機関やコンビニで寄附することが可能です。 以下の「ご寄附のお申し込み」から、名古屋大学基金の「寄附お申込 入力画面」をご覧いただき、 寄附目的「特定基金を支援する」の中から、「トランスフォーマティブ生命分子研究所支援事業」をお選びください。


お問い合わせ:

振込用紙のお取り寄せなど、ご寄附に関するお問い合わせは、下記にご連絡頂ければ幸いです。

名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 特定基金事務局
TEL:052-747-6901(平日8時半〜17時)
E-mail:kikin@itbm.nagoya-u.ac.jp
※法人・団体様からのご寄附、ご遺贈、土地・建物建築・有価証券などのご寄附に関しても上記へご連絡ください。


ご寄附の使い道:

「特定基金:トランスフォーマティブ生命分子研究所支援基金」を指定していただいた寄附金は、 その一部を名古屋大学基金として運営しますが、トランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM)が行う以下の事業の推進に活用させていただき、ITbMにおける研究活動の一層の充実を図ります。

① 人材育成事業:国際的に活躍する優秀な若手研究者の安定的雇用や挑戦的・創造的な研究マインドをもつ人材育 成のための支援を行います。

② 研究支援事業:若手研究者へのスタートアップ支援や挑戦的・萌芽的研究への研究費支援など、安定的な研究活動 への支援を行います。

③ 環境整備事業:最高水準の研究環境を整えるため、施設・設備等 への支援を行います。


ご寄附者へのお礼:

名古屋大学基金の特典に加え、トランスフォーマティブ生命分子研究所の特典もご用意しております。

・ 全ての寄附者:① ITbMホームページや ニュースレターにご芳名および寄付額等を掲載 (希望される方のみ) ②ニュースレターの配布 (年1~2回)

・ 総額20万円以上の寄附者:①サイエンスカフェ、 サイエンスフェスティバル等 への招待 ②ホームカミングデイなど 大学の行事に合わせた サイトビジットへのご招待

・ 総額100万円以上の寄附者:①ITbMが主催する 各種行事への招待 ②サイエンスカフェ、 サイエンスフェスティバル等に 参加の場合、特別席をご用意

※ご寄附については、税制上の優遇措置を受けられます。詳しくはこちらをご覧ください。


領収証の発行:

・ クレジットカード決済の場合
領収書は、本学に入金された日付での発行となります。 各カード会社から名古屋大学へ入金された日が入金日となります。 お申し込みから本学に入金されるまで、約1~2ヶ月かかります。 お申し込みが12月以降の場合の領収書は、翌年の日付で発行される場合があります。

・ 銀行振込の場合
領収書は、本学に入金された日付での発行となります。 領収書の発送は、本学への入金後、約2週間~1ヵ月後となりますので、ご了承ください。


留意事項:

「東海国立大学機構寄附金受入規程」および「名古屋大学基金規程」に反するご寄附や、 以下に該当するご寄附につきまして受け入れておりません。
1. 寄附金の対価として何らかの利益又は便宜を供与することが条件に付されているご寄附
2. 寄附金の受け入れが弊所の業務遂行上支障を及ぼすおそれがあるご寄附
3. 社会通念上不適当と認められるご寄附
4. 反社会的勢力と認められる個人・法人・団体からのご寄附


ご芳名録:

※公開をご希望されない方は掲載いたしません。